個々の特徴を見つけてうまく付き合う方法!

社員教育において、特徴を掴む重要性

あらかじめ決められたプログラムを実行する社員教育の中でも、工夫によってはより効果的な教育にへの昇華します。ではどのように教育することが良いのか、今回はその方法をご紹介します。
ズバリそれば、教育する社員一人一人を丁寧に知ることです。丁寧に知るという事は、その人の考え方や、性格までしっかりと把握するという事です。そうする事で、同じ教育内容でも伝え方や、量などが変わってきます。しっかりとまずはコミュニケーションをとる事、そして、そこから教育する社員がどのような伝え方をすれば、理解してくれるのか、またモチベーションを上げてくれるのかなど、しっかりと個々の特徴を掴んだ上で教育をする事が、社員教育をより効果的にする要因となります。


特徴を掴んだ上での社員教育の具体例


社員教育を効果的に行うには、個々の特徴を掴んだ上で、行う事が重要です。では、どのようなケースがあるのか例を交えて紹介したいと思います。
新入社員の中で、理解力が非常に高いが、同時にプライドが高いと思われる社員がいる場合ではどうするべきなのでしょうか?その答えは「端的に説明し、うまくできた場合は過剰に褒める」事です。プライドが高いと思われる社員は、丁寧に説明する事を嫌う傾向があります、丁寧に説明する事はいい事なのですが、同時にその社員のモチベーションを下げてしまう可能性もあります。そのため、要点を説明し、その成果をしっかりと評価してあげる事で、その社員をモチベーションと自信を上げつつ仕事を教育していく事がおすすめです。
このように社員一人一人をしっかりと理解する事が社員教育の成功の秘訣となります。