意外と自分も成長できる!?自分を見直すチャンスかも!?

社員教育で自己の成長も

社員教育を、「新人にはこの会社の事を教え込む教育する期間」と認識している方が多いのではないのでしょうか?もちろん、その認識でも問題ありませんが、実は捉え方によっては社員教育は自己の成長にも繋がるとても貴重なシーンとなります。
社員教育とは、新入社員へ、企業のルールや慣習を教える場であります。新人に企業の事を教える際に、まず自分がその事をしっかりと、本当に理解しているかを確認してみてください。そうする事で企業理念などを深く理解する事が出来ます。なぜ、どうしてそのような事をするのかと疑問を持って行動する事で、理解力が増し、これからの仕事や、相手へのプレゼンテーションなど様々な場面で役に立つ事でしょう。


社員教育を通じてこのような事も見込めます


新人の社員教育では、まずはじめに働く上でのマナーを教える場合が多いです。この時も頭ごなしに説明するのではなく、本当に自分がそのマナーを出来ているのが確認してみてください。会社での生活も慣れてきて、もしかしたら新人の時に教えてもらったマナーがおろそかになっていませんか?社員教育で新人に教えるのと同時に自分の行動も振り返り、社会人として失礼のない行動が出来るように意識しましょう。
また、仕事を教える際には、そのメソッドがなぜ必要なのかを教える際に、しっかりと説明しましょう。効率的なメソッドがあれど、他人に説明できるくらい理解しておかないと効率は半減してしまいます。新人に教える事と同時に自分がそのメソッドをしっかりと理解する事により、今までの仕事をより効率的にする事が可能になります。